[D-5] 2018/02/13 15:00 - 15:45
「ソーシャルデータ×AI」を活用したブランドストーリー構築の成功術

スパイスボックス
副社長
物延 秀 氏

セミナー概要

昨今、生活者の声を自社ビジネスに活かすため、ソーシャルリスニングツールを導入している企業は増加しており、その活用目的は大きく下記4つになります。
1. 危機管理
2. 自社や競合の評判把握
3. キャンペーンの効果測定
4. 自社のPRやコンテンツに役立つインサイト発見
しかしながらツールを導入したが効果的に活用できていない企業も多いようです。
今回のセミナーでは、ソーシャルリスニングツール導入企業へのアンケート調査結果を元に、活用できている企業とできていない企業の回答結果から、その分岐原因を明らかにします。また、上記4の活用により自社のビジネス拡大や日々のPRやマーケティング活動に活かすための手法をお伝えします。

講師プロフィール

スパイスボックス 副社長。2006年スパイスボックス入社。
プロデューサーとして大手企業のデジタル・コミュニケーションをワンストップで支援し、
2012年以降はソーシャルメディアを中心とした「共感」と「話題」を生むコンテンツのプランニングとプロデュース、
自社ソリューション開発を統括。2016年に事業統括責任者および執行役員に就任。2017年より現職。
自社サービス:インフルエンサーマーケティング支援「TELLER」、コンテンツマーケティング支援「BRAND SHARE」、
ROI分析プラットフォーム「THINK」、自社メディア:「newStory」。

※最近の執筆、出演について
・『新ヒットの方程式』~ソーシャルメディア時代は、「モノ」を売るな「共感」を売れ!~
(2017年11月発売・宝島社)https://goo.gl/bZaa8B

・MarkeZine(マーケジン)連載記事 「シェア拡散されるブランドストーリー」
http://markezine.jp/article/corner/605

・NHKクローズアップ現代+ 出演 『想定外!?“君の名は。”メガヒットの謎』
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3898/1.html